その戦利品は・・・
e0049603_1227574.jpg
いわずと知れた椅子です。この間のスクラップ屋さんで購入。
開店時間なのに誰もいなくて、お店の前にはおばちゃん3人(姉妹か?)が入り口でイライラしながらタバコをふかしていました。
ちょっと暇つぶしに話しかけると
「そうよ、私達、隣の州から来たのよ!もうっ!」なんてふてくされてる。
「ほら、アンティーク屋さんって気まぐれだから、開きたいときに開くのよ」って言うと、
「そうよね。分かってはいるんだけどね。」

そういえば、行きつけの画材屋さんの営業時間も日曜は
If you are lucky(あなたがラッキーだったら開いている)だっけ。かなりいい加減。

我々も、周りに時間を潰せるようなコーヒー屋さんもないし、ちょっと人通りの激しい普通のアンティーク屋さんに行こうということに。
これと同じ椅子で、ただのグラスファイバーのものが(足がエッフェルではあったけれど)なんと600ドル。グラスファイバーは損傷が激しいし・・・眺めるだけでおしまい。
またもとのスクラップ屋さんに行くと、開いていました。
スクラップしかないと思ったら、家具も売っていました。そこに残っていた2つのうちの一つを買いました。
もっと明るい色が欲しかったのですが、状態がとてもいいので放っておけず。
レザーの糸もほつれがなく、満足。開店時間がいい加減な割にはとても親切な店員さんでした。
これに合うクッションを製作中です。
[PR]
by retrojunkie | 2005-12-05 11:01 | その他の雑貨(other)
<< クッション製作 あおいとり、ことり。 >>