::2::vintage suits
e0049603_5285110.jpgヴィンテージスーツというと、圧倒的に男性物を連想することが多いのかもしれませんが・・・
女性もののヴィンテージスーツを。

女性物のスーツだと、流行のせいでどうにも形がダサかったり、肩パッドがアメフト選手のようだったりするのですが、これはそんな流行に左右されない(と私が勝手に思っている)形です。

ウールジャージなので、裏地は最小限にスカートのみ、体に沿って動きやすいようになっています。
よって、下にはキャミソールなど薄着でも十分暖かい。
肩パッドも入っていないし、ハイウエストで切り替えがあるので脚長効果も?



e0049603_5285649.jpgジャージ素材なために、手でかがってある箇所が多く、その丁寧さに見とれてしまいます。それもそのはず、Santa Anaにある会社が発注したイタリア製。
どうやらエミリオプッチのニットを受注生産したり、Saks Fifth Avenueにも卸していたよう。
恐らく50年代~70年代のもの?


e0049603_5305579.jpg肩はラグランなので、しなやかさを最大限に利用したデザインです。
これを縫ったテーラーは天才だ。



余談ですが、このドレスフォーム、堂々と手芸店で売っているのですが、扁平な胴体で、あまり理想的な体系とはいえません。しかも肝心な場所にピンが打てないのでパターンメーキングには向いていないです。

[PR]
by retrojunkie | 2012-07-26 05:34 | Textile
<< ::1:: 魔法瓶 ::3::Creative P... >>