::6::最近のパラパラ本
もしドラとかちょっと前に話題だったので、せっかく夏だし、ドラッカー本人の本を読もうと思ったら、アメリカのファッション誌の9月号よりも分厚くて萎えました。
猛暑なのにこんなに厚い本を持ち歩きたくないし。
なので現実逃避にパラパラしている本を紹介します。

e0049603_8373958.jpgThe Satorialist
本になった時点でもう過去のものだろうけど、毎日ブログを追いかけることもできないのでこの本は読んでいて楽しかったです。

Found, Free & Flea---Teresa Surratt
著者の夫が少年時代に過ごした、ウィスコンシンのサマーキャンプグラウンドの近くに家を買おうというお話から始まります。
その古くて屋根が抜け落ちて、アライグマの棲家になっている廃墟に埋もれていた前の住人の持ち物も一緒に購入したカップルは、その家を修理してヴィンテージ雑貨と一緒に暮らしている
ルールは、Found(見つけたもの) Free(タダなもの) Flea(蚤の市)だそう。
なのでebayなどで購入するのはこの本ではズルになります(笑)
アメリカンカントリー調で、アルミの食器とか古い木箱やディプレッションショングラスが好きな人にはぴったりの本ではないかと思います。
この家は必ずしも私のタイプのインテリアスタイルではないけれど、アイテムごとに見ると、コレクションしたくなるものが沢山です。
小さくてもいいから、こういう別荘を持てたら、ヴィンテージ収集に加速がかかりそう。

Modern Vintage Style--- Emily Chalmers
この本にはかなり期待したのだけど、ヴィンテージモダンではなく、”モダンの中のヴィンテージ”と言ったほうが正解?
ミックススタイルで、ちらほらとミッドセンチュリーの家具などはありますが、基本はアメリカンなヴィンテージテーブルリネンとインダストリアル、カントリーコッテージとシャビーシック・・・なんでもアリという感じです。
徹底しすぎていないのがパーソナルで居心地が良さそう。

Inside the Creative Studio
アーティストのアトリエ本。
アトリエも自分の作品とばかりに自分のテイストを反映させてディスプレイに凝っている人から、
アトリエはあくまでも自分の作業がしやすいように、インスピレーションの邪魔にならないように最低限の装飾をする人まで様々です。
確かに、ペイントやビーズのアーティストだったら人形やぬいぐるみを棚に沢山飾るのもOKかもしれませんが、
布や毛糸を使うアーティストは埃が溜まってしまうのでこれは難しいかなとか(笑)
リボンのスプールを上に重ねて積むのはかわいいディスプレイだけど、一度崩れたら元に戻すのが面倒でそのままになってしまうだろうなとか(これ私)
勇敢にもBeforeの写真を載せている人もいるので、勇気を貰えた気が(笑)

Living Modern
印象はコンランのインテリア本にかなり近いです。
住宅の外観だけでなく、外がモダンでなくても中をモダンにしたり、中の古さをそのままに、モダンな家具を持ってきたり。
でも基本はミニマムモダンです。
これらの本の中では一番ショールーム的なインテリア本ですが、私の世界からかけ離れているせいなのか妄想に浸るのに最適な本です(笑)
[PR]
by retrojunkie | 2012-07-02 08:37 | Books
<< ::5::Vintage ja... Pellegrino x BV... >>