健康の話
e0049603_7865.jpg今までずっと、ゆる~い運動をしていました。
週に2回ほどジムに通って、『あと5ポンドほど痩せたら理想かも~』なんて考えながら。

先日お友達の家に招待された際、
体脂肪が測れる体重計を譲ってくださるとオファーがあったものの、
「うちには体重計あるし、BMIは標準だし~」と丁寧にお断りしたのですが、
あまりに熱心に勧められたので(もう一台あるそう)、ありがたく頂いたんです。


で、家に帰って体脂肪を測ったら、ガーン!
これ、本当?ってほどの体脂肪で、まさか自分に限って・・・とショックを受けました。
炭酸やジュース類は滅多に飲まないし、甘いものも食べないし、
e0049603_7112239.jpgコーヒーはブラックのみだし、どおして~?



彼女は私の体脂肪に気がついていなかった(と思いたい・笑)のだろうけど、私に渡さないとと駆り立たせる何かがあったんでしょう。

そしたら、丁度、日本に住む友達から来年のレースに参加しないかとお声がかかって、
『そうだな~走ったことないからな~でも有酸素運動で持久力を増やせばいいのかしらん』と思っていたところなので、これを機にまじめにトレーニングをすることを決意。


あまり超常現象だとか、神の声とかシンクロニシティとか『あるんだろうなあ』くらいにしか考えていなかった私ですが、
こうも偶然が重なると、「もっとまじめに運動しろ」と言われているようで、
横っ面を叩かれた気分でモリモリ運動しています。
間食したかったらリンゴを齧っています。アメリカのリンゴはやっぱりおいしくないです(笑)
お酒も「おつまみ食べないならOKよね~」なんて甘っちょろいことを思っていたのですが、お酒の量自体を減らしました。
水を飲んでいるとそのうち飽きてしまうので、レモンを絞った炭酸水か水で乗り越えています。

そして、いいタイミングで目に入った先週のChicago Tribuneの面白い記事。
女性フィットネス雑誌と男性フィットネス雑誌、自分の性別に固執せずにお互いのいいところを取り入れようという記事です。
この記事を読んでから、今までは子供が家の庭や公園でスポーツしているのを眺めていたのですが、
最近私も参加するようにしました。

筋肉痛が2日ほど長引くとジムを休んでいたのですが、それも無視して通っていたら、痛みが消えることを発見。
2週間で5%体脂肪が減りました(パチパチ)。
だるくて原因不明だった眠気も改善されました。
脂肪より筋肉の方が重いので、体重の変化はそれほどないのですが・・・
ストイックに続けます。


(mさん(aさん)、r、ありがとう。がんばります。)
[PR]
by retrojunkie | 2012-06-09 07:15
<< ::12::プランターカバー ::13:: メンズ物 >>