::53::シェブロン柄
うちの夫、もの凄くおばあちゃんっ子で、お母さんの話より頻繁に話題に上がります。
思い出がそれだけ沢山あったんでしょう。
私もおばあちゃんが大好きだったので、分かります。
そして、自分達の母親がおばあちゃんと余り仲良くなかったのも共通(笑)

e0049603_4244680.jpg数年前に、そんなおばあちゃんの形見のブランケットを譲り受けました。おばあちゃんが編んだそうです。
もう目が詰まっちゃって、フエルト化しているのでゴワゴワしています。
そして、何となく、デザインが・・・・・なんといえばいいのでしょう、
ストライプだったらいいのになぜジグザグ?
まあ、大好きだったおばあちゃんだから、デザインが、とかそんな理由で却下するほど鬼嫁になるつもりはないのですが、もっと細かいインターバルのジグザグで編んでいたらどうだったろうとかいろいろ考えてしまいます。






そしたらシェブロン柄キターーーとばかりに、どこのインテリア雑誌も取り上げたのは去年あたり?
このとき初めてシェブロンという言葉を知りました。
小物や雑貨、壁紙から家具までどこもかしこもジグザグ柄。
去年のミッソーニ@ターゲットもジグザグだったし(そういえば、今期はJason Wuとコラボみたいです。洋服だけだと思います。Jason Wuに限らず、ターゲットのコラボものにワクワクするのはもうやめます。でもとりあえず告知。)


e0049603_4251984.jpgある日、ふと目をやったら、あらまあ、なかなかこれいいじゃないですか。
流行は繰り返される?
30年ちょっと経ったブランケット、いきなりセンターステージです。(調子のいい嫁だ)


e0049603_4255590.jpg黄色も。
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-20 04:26 | Textile
<< Googleのトップがマリメッコ ::54::Mom bear ... >>