::57:: Rude Osolnik
e0049603_583059.jpg昔購入したこの3本のキャンドルホルダー。
どこを見ても誰が作ったのかわからない。
本当はどこかのブランドだと凄く期待して手に取ったのですが、そうではなくて、がっかりして棚に戻そうか悩んでいました。
自分もミーハーですから、誰が作ったかということは一応気にします。
でも、ブランドじゃなくたっていいじゃないかと思えるほど、このキャンドルホルダーの精巧さに惚れて、購入することに。
この細い首、素人が見ても、なかなか簡単に彫れるもんじゃないのではないかと思いました。

しばらく飾っていたのですが、どうしても気になって、作者を尋ねて先日検索の旅に出ました。





このキャンドルホルダーはRude OsolnikというNM生まれのスロベニア系アメリカ人の作品のようです。大学卒業までイリノイで過ごしたよう。
プロフィールによると、彼のウッドワークの評価は高く、アメリカ政府がイギリスの皇室に彼の木のボウルを献上したこともあるそうです。
様々な賞を受賞しながら大学では40年ほど教鞭をとり、、彼の作品はスミソニアンをはじめ、シカゴ産業科学博物館やボストン現代美術館などのパーマネントコレクションとされ、ケンタッキーのアート文化に貢献した人だそうです。
Lifetime Achievement Awardを受賞しており、数年前に他界された、ウッドワーキングのアートの歴史に名を残す才能あるアーティストだったようです。

よ~く目を凝らしてみたら、確かに彼のサインが書いてありました。なんで今まで気がつかなかったのだろう。

ボウルや一輪挿しがとても美しいので、チェックしてみてください。
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-09 05:09 | その他の雑貨(other)
<< ー再びジェイクー ::58::Pen 2月号 >>