ヴィンテージの木馬
e0049603_595788.jpgヴィンテージでなくてもいいのですが、木馬を探していました。四方をバネで吊った”ヴィンテージ風”のレプリカはなんとなくバネが切れそうで怖いので、定番のものを。
新品だととても高いし、余計な塗装がしてあるし、IKEAのヘラジカ(もしくはトナカイ)は「木馬」ではないし・・・などと考えていました。

ちょっと古い建物が立ち並ぶ住宅地の中にあったガレージセールで見つけた木馬は、売っている女性の弟が子供の頃遊んでいたもので、それを彼女の子供達も遊んで育ったそうです。なので30年前の物だろうなんて話してくれました。大人が乗ってもしっかりしているし(乗るな・・・笑)、ビスが緩くなっている訳でもない。
家に帰って、庭のホースで亀の子束子でゴシゴシ・・・毛羽立っている箇所もないのでそのまま乾かしたらいい感じに。

子供の遊具はアンティークストアなどで買うには躊躇してしまうのですが、持ち主の顔が分かるとなんとなく不安が薄れるのは私だけなのかな。





アメリカ国民総コスプレのハロウィーンでしたが、子供が風邪気味なので家にいることに。おまけに雨が強く、数えるほどしか子供達がお菓子を貰いに来なかったので、山のようにキャンディーが残っています(涙)。
ハロウィーンが過ぎると年の瀬まであっという間なんですよね。
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-02 05:10 | Baby&Kids
<< スワンキーグラス スウェーデンのトレイ >>