desk clock
e0049603_7472294.jpgシンプルな箱が気になったこの机上時計。
電池が入っていないので動作を確認できないので、賭けです。
一ドルでしたが、どうか動きますようにと祈りながら電池を入れると・・・
動いている?裏から見ると動いているようですが、秒針が動かない。
分解してみたら、秒針になっている透明のアクリル板が、糊の劣化で時計版の中心から外れていました。
krazy glueという瞬間接着剤で接着。これって日本製ってご存知でしたか?もしかしたら中身はアロンアルファそのものなのかもしれません。


e0049603_755234.jpgしばらくして電池を再度入れると、動きました。
箱の下の斜めに切られているのは何だろうと思ったら、少しだけ斜めに置けるように切られた部分を下にするためのもの。

メーカーはMisato Kogyoとだけ書いてあります。
みさと工業は星の数あり、この時計は探すことができず・・・
イメージ的に、Patrick Nagelの絵(デュランデュランのアルバムRioのジャケットで有名)が飾ってある、ラッカー塗りの家具(色は黒とか白で金のトリムが施してある)に囲まれた、80年代に人気だった部屋にありそうな雰囲気です(細かい・・・)。



このPatrick Nagelのwikiを見ると、彼の作風は日本の版画から影響を受けたと。
黒と白のコントラストに色を加えた所はまさに日本のそれだそうです。

初期のキティーちゃんもそうなのかな。いや違うか。
[PR]
by retrojunkie | 2011-07-30 07:55 | その他の雑貨(other)
<< ミッソーニXターゲット 裏ステージ >>