kid made modern by Todd Oldham
e0049603_51729.jpgTodd Oldhamさんはもともとカジュアル系のファッションデザイナーだったのですが、2000年の始めにLazyboyの家具をデザインすると聞いてびっくりしたのもつかの間、大学の学生寮向けにビビッドな色でデコレーションしようと提案するコレクションをターゲットから発表したり、その後はチャーリーハーパーの本の監修をしたり、もうファッションから完全に離れてしまった感がありました。

数ヶ月前に育児雑誌やデザインブログで彼の子供向けのクラフト本が出ると聞いて、興味があったのですが、そのうち忘れてしまい・・・

つい先日図書館に行ったら、子供が率先して「ママ、こういうの好きそうだね」と持ってきてくれたのは、まさにトッドの本!(笑)

結論からいうと、これは小学校中~高学年向けで、それでも親が見ていないと難しい箇所や、扱いにくい物でクラフトしなくてはいけないので親の手助けがないと難しいかもしれません。
でも、高校生でもインテリアが好きな子は一人でどんどん挑戦できるだろうし、大人が取り掛かっても楽しそうです。

本の全体の流れとしては、デザイナーの得意としたもの、影響されたもの、作品の特徴などのバイオが書かれており、そこからそれぞれの作品からインスパイアされたものを作ってみようとトッドが提案しているものです。
その名前たるや、Vera Neumann, Charles & Ray Eames, Alexander Calder, Russel Wrightなどなど、モダンデザインの大御所ばかりで親しみやすいです。
でも今更感がなくて切り口が面白い!


夏休みも折り返し地点、ネタ切れで困っている人にお勧めします。
<次回につづく>
[PR]
by retrojunkie | 2011-08-10 05:03 | Books
<< 染色する IL州の消費税 >>