気になルノー
雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケズ
イツモシズカニワラッテイル

e0049603_13172569.jpg・・・そんな風につぶやいているような笑顔のこの車がある場所を、私は毎日通りかかります。
どんなに雪が降っていようと、どんなに雨が降っていようと、
整備工場の端っこにずっと佇む、この子。
遠目だと、静かに微笑んでいるように見えたのですが・・・




e0049603_13204857.jpg正面からカメラを構えたら、西原江里子さんの漫画の絵のようだ。
整備工場のおじさんに聞いてみたところ、

e0049603_13211298.jpg1950年代のルノーだそうで、モデルはFregateだと思います。

e0049603_13213265.jpgおじさん曰く、「ブレーキの交換が必要」だそうですが、
ブレーキ以外の交換も必要なことはド素人の目にも明らか過ぎます。
思い切ってオーバーホールするくらいが妥当じゃないでしょうか。

e0049603_132231.jpg500ドルと言われましたが、他のヨーロッパ車と違って、部品の入手が困難なのも買い手が付かない理由なのかな。もしかしたら、アメリカに残っている数少ないこんな状態のルノーを壊してパーツを集めながらリビルドしていかないと動かないのではないかと。そんな根気と愛情のある人に見初められますように。


e0049603_13221699.jpgこの子の行く末が気になっていたのですが、この整備工場、買い手が付いて、新しい経営者に渡ったみたいなので、ずっとここに居れるみたいです。よかった。
[PR]
by retrojunkie | 2011-07-01 13:25 | その他の雑貨(other)
<< 夏祭り Hackman dessert... >>