レトロなサーカス柄の布
レトロでポップな柄の布を探していたのですが、オークションのフィードサックはとんでもない値段がついているし、インテリアのセレクトショップじゃフィードサックごときにもっととんでもない値段が付いていたり、探すのも疲れてヘトヘトになってもう諦めようかと思った矢先に出会った布です。なんだか恋愛に似ていますね(笑)。
バッグかなにか作ろうと思ったのですが、かわいすぎて鋏を入れられません。
e0049603_1054491.jpg



先日のコンベンションのイベントの一つに「布との語らい」なんてのがありました。
『布と会話するのか、なんだか暗いな~』なんて思っていたのですが、よく内容を読むと「とても素敵な布に出会う。これといって作る目的がないのに買ってしまったり、目的を持って買ったのに、いつまでも使わずにしまいこんでしまう。そんなことありませんか。布との出会いとその布に対する思い入れを活字にして応募してください・・・(以下応募要領)」なんて書いてある。調子のいい私は「そうなんだよ!私だけじゃないんだ!!」なんて膝を叩いてしまいました。
そう、私はいつも「この布かわいい!」と思って購入。ちゃんと目的を持って買ったのに、自分の力量じゃその布のかわいさを十分に引き出してあげられないのではと怖気づいて結局鋏を入れられずにしまいこんでしまう・・・まさに私ではないか!!!!!!!!(笑)
このサーカス柄も、トートバッグにしようか、何にしようか未だに悩んでいます。
[PR]
by retrojunkie | 2005-10-16 10:08 | Textile
<< へーゼルアトラスの小ぶりのボウル ソーイング&キルトエクスポで見... >>