George Rodrigue, Jean-Michael Basquiat
e0049603_13311630.jpg大人も読んで楽しい、画集のような絵本もいいなと思って購入したもの。
ジョージ・ロドリーゲのWhy is Blue Dog Blue?は、文章と絵が単純明快で子供も楽しそう。
色には色々な名前がある(もしくはあっていい)んだということも、別に、見たままを描かなくてもいいんだということも教えてくれます。単純な色の構成が楽しそう。

バスキアの本は、表紙の恐竜の絵ならまだしも、本の中身は、骸骨のような絵やオドロオドロしい絵が多いので、怖がる子供がいるかも。私も表紙だけで購入して、家で開いたらビックリ。
でもうちの子は韻を踏む本が好きなので、暗記するほど好きみたいですが・・・

バスキアといえば、去年ユニクロでバスキアのTシャツが売られていたのですが、やっぱりオドロオドロしいので、セールになっていました。外に着ていくにはかなり勇気が要ります。私の場合、サイズも合わなかったので、パジャマになっていますが。

バスキアつながりで、数年前、メタリカのドラマーがバスキアの絵(ボクシングの絵?)を$13ミリオンで売ったなんて話も記憶に新しいです。
私はバスキアの絵の中では恐竜君が一番スキです。
[PR]
by retrojunkie | 2010-04-30 13:32 | Books
<< Lotteちゃん見っけ♪ Dansk? cast iro... >>