Arabia uthua
e0049603_4541585.jpg慌しく毎日が過ぎて、気が付いたら11月ももうすぐ終わりです。
結婚式やベビーシャワーに行くと、祝ってもらっていた立場から祝ってあげる立場になって見えてくることがあります。

自分がゲストとして、幸せそうな妊婦さんや花嫁さんを見ると、「贈る言葉」とか「妹」とか「声援」とか口ずさみたくなってしまいます(ミスチルとかkiroroとかコブクロじゃないところが浦島太郎ですが)。まあ、相手はアメリカ人だったりするので、独りでジーンとしているだけなんですけどね。
知り合いの結婚式で、年輪を重ねた夫婦が側にいて、誓いの言葉でその場を借りてお互い”I do”って囁いているのをみて心が温かくなったり。
ベビーシャワーで期待と不安でいっぱいだった自分を思い出して、うるさく子供を急かしてばかりの毎日に反省してみたり。
新鮮な気持ちに戻ります。

まあ、そんなわけで11月も終わりです。
12月は去年に引き続き、一日一なんとかをクリスマスに企画しています。去年はヴィンテージカードでしたが、今年はオーナメントにしようかな?

++++
アラビアのuthuaはカップしかないけれど、普段使いにしているのでソーサーがなくてもOKです。
あまり見かけない柄なので、本当は大切にしなくちゃいけないんだろうけど・・・
[PR]
by retrojunkie | 2009-11-24 04:54 | Scandinavian
<< Pyrex Flameware... ありがとう、さようなら、オイリリー。 >>