ありがとう、さようなら、オイリリー。
自分用の衣服などは、クリスマス後のセールまで待つのですが、今年はサンクスギビング前からお得なセールを展開しているお店が多くないですか?
今日なんてどういうわけか、トイザラスが深夜12時まで営業みたいです(何故?)。

先週、Oililyから優待割引の葉書が送られてきました。
シーズン先取りで購入するような顧客でなくて、あくまでもセール品狙いなので、そんな私が一般向けにセールが始まる来週を先取りしてお買い物ができる招待状がもらえるなんてありえないんですが・・・。

子供をシッターに預けて、冷やかし半分にお店に行ってみると・・・今までクリスマス後の処分セールでも見た事が無いような割引率。
レディースの服なんて、セール品でも高すぎて見るのを諦めたっていうのに、ジーンズなんて40ドル切っているではないですか。
ジーンズの定価一本250ドルですよ。
3点購入すると全額から更に30%引きなので、ジーンズ2本と小物購入、ジーンズ1本30ドルもしませんでした。

e0049603_12461687.jpg今までこんな風に値段が下がったことなんてないので、嫌な予感がしたのです。
靴下などの小物も品薄だし、去年の冬のコレクションで見覚えのある数点が、今シーズンのものと同じようにお店に並んでいる。
レジの人に聞くと、オイリリー、破産したそう。
他の会社に買収されたけれど、名前も残らないし、デザイナーも新しく迎えるんだとか。
それもいつになるか分からない、と。店員さんの顔が一瞬曇りました。
セールでウハウハしている私が恥ずかしくなりました。
「とても好きだったので、なくなってしまうのは寂しいです」と涙目になって言うと、
「そうなの、そんなにお買い物に来てくれたの」
・・・いや、そんなに頻繁ってほどでもないし、金額にしたって微々たるものなんですけどね・・・

今思うと、一昨年あたりから兆候があったんだなと。
とあるインディーアーティストの作品を本人の承諾なしでいつまでも使い続けていたり、
毎シーズン凝ったカタログ&ニュースペーパーを廃止したり、
コピー品がでまわったり、オイリリー自身も人件費の安い国で作るようになったり、
色々な素材で凝った作りだった商品も最近はプリントばかりになっているし。
去年は3歳以上の男の子の服を作らない方針にしたし、
苦戦しているんだなとは感じていましたが・・・。


e0049603_12485440.jpgオイリリー、生き残れなくて残念です。
大好きでした(涙)。
今までありがとう。
大好きなのに、一回も定価で購入しなくてごめんなさい(反省)。
っていうか、ジーンズに250ドルってどうなのよ(逆切れ)。
今までのカタログ、大切にします。
インスピレーションをありがとう。

+++
追記
+++
ニュースを検索してみたら、オイリリーを売った相手から、創始者自身が買い取ったそうではないですか。
なんだそれは(脱力)。
でも、本格リニューアルは来年の6月だそうです。
昨日話した店員はこのことを知らないのかな。
www.oilily.nl/
[PR]
by retrojunkie | 2009-11-22 12:53 | 現行品
<< Arabia uthua 芽キャベツ >>