Finel & Dansk pots
ハロウィーン当日に朝のニュースを見ていたら、インフルエンザ対策のアドバイスで、「キャンディーが入った入れ物にランダムに手を突っ込ませない」「家と家の間を移動する間に手の除菌を忘れないように」などなど・・・
面倒だな~というのが正直な感想でした。
そのせいもあるのですが、今年は学校で催し物があるので、それに連れて行った以外はキャンディー貰いに行きませんでした。
子供達には地域のイベントだけで十分満喫していたみたいですが・・・

++++++++

ちょっと前に黄色のダンスクを紹介しましたが、夫が焦がして内側のホウロウが剥がれてしまったので、染色に使うことにしました。
それにしても、それ以来あの鍋に匹敵する大きさの鍋がない!
e0049603_13105792.jpgそしたら出てきた、茶色コンビです。
上はFinelで下はダンスク。
ダンスクの方は米びつ代わりに使っています。
デンマークって茶色とステンレスのイメージがあります。
なんでこんなに茶色が多いのだろう。
鍋の蓋がスタッキング対応で、底もつるつるなダンスクのほうが、底がザラザラでスタッキングに向いていない蓋のFinelより実用的なのかも。
[PR]
by retrojunkie | 2009-11-03 13:11 | Scandinavian
<< 年末に向けて、スタンプを作る The Elves and t... >>