The Elves and the Shoemaker
前回の紅茶キノコの記事で、かなり紅茶キノコの印象を悪くしてしまったのですが、発言の一部を撤回します。
私が試したのは、右側のものだったのですが、あれからトラウマで左側の紅茶キノコを飲むことができなかったんですね。
でも、2日ほどして、ちょっと喉が痛くなったので、左側の紅茶キノコを開けて飲んでみました(トラウマにしては短い期間です)。
こちらは、栓抜きがないと開けることができないのですが、シンク、いや屋外で開けたのですが、一滴も吹きこぼれることもなかったです。
しかも、右側の紅茶キノコと違って、甘口で飲みやすい。
飲んでいる間は臭いが気にならないのですが、やっぱり飲むのをやめると、後味というか、酸っぱい臭いがほんのわずかに込み上げてきます。

というわけで、飲むなら断然左側の紅茶キノコをお勧めします。
それで、紅茶キノコの真髄に迫りたい、極上のピュアな味を堪能したい人は右側をお勧めします。

******

e0049603_0292929.jpg本日の一品は、グリムの名作、小人と靴屋です。
natsutynさんもこの「ミニチュア人形絵本」シリーズをコレクションしているそうです。
natsutynさ~ん、本を動かすと3Dに見えるあれは、これのことを言っているんです~。ちなみにこれもそうです。
この立体に見える絵、子供にとっては剥がしてしまいたくなるもののようで(笑)、発見された時点で無くなってしまっていることが殆ど。


e0049603_0285889.jpgセレブな顧客に靴のフィッティングをしています。


e0049603_030889.jpgちっちゃいお洋服とちっちゃい帽子が細かくて素敵だ!

率直な感想ですが、HijikataさんとIzawaさんコンビはどちらかといえば、子供と動物を得意としているんじゃないかなと。
こちらもかわいらしいのだけれど、大人となると、ちょっとかわいらしさというより、人形なのにやっぱり「大人」の表情になってしまう。
これらの人形に見られる、布のやさしい質感、見ていて飽きません。
1960年代に出版されたこの絵本、挿絵は日本、印刷も日本、日本の技術が光っています。
[PR]
by retrojunkie | 2009-10-31 00:35 | Baby&Kids
<< Finel & Dansk pots Kombucha(紅茶キノコ)... >>