Tubular Chair by Marcel Breuer
e0049603_1420289.jpgお店に入って目に飛び込んだ元気なオレンジ。
Thonetの椅子です。最近トーネット、全然見かけないので感動!
マルセル・ブロイヤーデザインの椅子です。
彼は20年代に世界で始めてスチールパイプで椅子を作った建築家です。
この椅子は、チェスカチェアがベースで、ウールのファブリックカバーがついているもの。
オフィスにあっただけあって、ペットの毛とか、ポテトチップのかすとか、ケチャップの染みとかない(それはうちだ)、いい状態でした。


e0049603_14205089.jpg以前、イームズの2ドル椅子の話をした折に、「手に入れることができなかった椅子」に触れました。
それはノール社のブロイヤーのこの椅子だったんです。
チャリティーフリマで見つけて、4脚だったか6脚あったんですが、値段がなくて、スタッフに聞こうと思ったんです。
でも他のお客さんとおしゃべりに夢中で話が終わりそうにない。
もうダイニングの椅子があるからいいやと諦めて帰ってきたんです。
でも、この椅子、夏、涼しそうじゃないですか。
夏限定で使ってもよかったのに~と自分を責め・・・後悔先に立たず。

良く考えたら、子供が乗ったりして籐の編んである座面が破けたりしたらおしまいだし、これも縁なんだろうと無理やりこじつけて忘れることにしました。

このオレンジは2脚しかなかったけど、いやあ、うれしいなあ。

早速、夫がこれを見て「でもさ、夏に使っても涼しくないジャン」・・・( ゚д゚)ハッ!
いいんですよ。現にあなただって楽しそうにピョンピョン揺れてるじゃない。

この椅子、横から見るとキョンシーみたいなのも面白い。(今の20代より若い世代ってキョンシー知っているんだろうか)

今度はワシリーチェアとかスワンチェアとかどこかに転がってるといいんだけどなあ。
[PR]
by retrojunkie | 2009-07-30 11:24 | その他の雑貨(other)
<< Duralex Picardie かわいいケーキとオバマなカクテル >>