Copco Yellow skillet
シャビーシックなものばかりあるアンティーク屋さんにて。
目に飛び込んできた黄色!
こ、これは・・・Copcoでした。Michael Laxのデザインでデンマーク製です。
キャストアイアンでエナメルコーティングがしてあります。
e0049603_14411539.jpg先日紹介したDIY本の一ページにキャサリンのフライパンの隣にこれが載っていたなあ。

実はこれより一回り小さめのルクルーゼのフライパンがあったのですが、重くて片手で調理するのは無理。腱鞘炎になりそうです。
パスタをソースと絡めるのに、片手で操れるフライパンが欲しくて、探していたのですが・・・

これ、ルクルーゼより更に重いじゃん!!(怒)

なのに買ってしまいました。
持ち手がチークなんだもん。
それに黄色なんだもん(言い訳になってない)。
自分にあきれてしまいます。
直径25センチ位は軽くありそうです。

お店のおばちゃんは「これは上等なフライパンなのよ。新品で買えば35ドル位するのよ」・・・新品ではもう出てないと思うんです。
この手の商品を扱う業者だったら私のようにウンチクを並べそうで、かなり高い値段設定であろう。
私が業者だったら、そうだなあ、35ドルにするかも。
[PR]
by retrojunkie | 2009-06-25 14:41 | Scandinavian
<< Heller Jar/Cani... Waechtersbach mug >>