キャサリンホルム祭り
e0049603_7233743.jpgちょっと前にtamaさんからお誕生日プレゼントを貰いました。
もう興奮ですよ、ラベンダーのキャンドルに、それを置くアラビアのソーサーと、緑のキャサリンのSボウルと私のシグネチャーカラー(と勝手に名乗る)の紺色鍋。うひゃ~

コンポストをしているので、野菜くずとかを入れておくことが出来て、見苦しくないようにフタがついているものが欲しかったのですが、これはまさにそのためにあるといってもいいのではないでしょうか。
取っ手がなくてかえって良かったです。見栄えもいいし。

すると数日後、営業日は週に3日、時間は3時間という、やる気のないのにも程があるお店の前を偶然通ったら、営業中のサインが!
約束の時間が迫っていて、15分しか時間がなかったんだけど、中に入るといきなりキャサリンを発見。
水色の入れ子、XL、L、SのボウルとXLの緑のボウルです。

e0049603_1365168.jpg一番大きな水色に$18とあるので、『こういう場所にしちゃ高いな。でも3つセットでこの値段だったらいいか』とレジに行くと、なんと大きなボウル一つの値段ではないですか。
ちょっと考えていると、「どうします?」とレジのおばさん、私の心を見透かしているような、『絶対いらないって言わないって分かってるしぃ』と確信しているような微笑みを投げかけてくる(ように見えた)ので、購入することに。
ああいう場所でああいう額の値段は、家具ぐらいにしか払いませんよ。
いや家具っていっても、イームズの椅子だって2ドルだったし。
でも、きっとキャサリンに出会うのは滅多(絶対)になさそうだし、イーベイで買って送料入れるより断然安いし、ね。
一度に4つも出くわすのもなかなかないので、全部買っておいてよかったです。
約束の時間に間に合わないかもしれないのと、ボウルにあんなに払っちゃったっていうのと、キャサリンちゃんに一度に多数出くわしちゃったのとで心臓バクバク大変でした。


e0049603_139576.jpg緑は私がキープ。ダイニングテーブルに果物を入れておくのにいいです。
Finelはちょっとセンターピースには深すぎるかな。
水色の大群は水色王国大使のtamaさんの家に飛び発っていきました。




結果、時間には間に合いましたです。
[PR]
by retrojunkie | 2009-05-24 09:13 | Scandinavian
<< Charley Harper Dial an Alphabet >>