古いもの、日本のもの
e0049603_12415970.jpgうちの近所の金物屋さんで見つけたもの。
亀の子束子とせっけん。
どちらも日本でこつこつと生産されています。素朴なパッケージに惹かれます。
近所の金物屋さんで、亀の子束子のお勘定をしている合間に、近所の気まぐれな骨董屋さんはいつ開いているんでしょうと訊いてみました。毎日開いていますよとはおじさん言うけれど、毎日前を通っても開いてないんですが(怒)。
でも、帰国が迫った頃に、やっと私に心のドアを開くように、ひっそりと開店していましたよ。
束子と石鹸の下にある綿のふろしきと、古いタグがついた、未使用の伊勢丹の絹の風呂敷も見つけました。からし色が素敵です。からし色の風呂敷は写真を撮り忘れたので後日・・・

気がついたのですが、これまでいろいろな騒動があったせいなのか、100円ショップの製品も、パッケージの見やすい場所に「日本製」って書いてあるものがかなり増えてました。書いていないものはやっぱりパッケージ裏の、必死になって探さないと見えないところに某国製って書いてあることが多いです。
他で買えるものならなるべく他の場所で買おうとするのですが、100円ショップの品揃えの良さについ負けてしまうことも。
[PR]
by retrojunkie | 2009-04-26 15:54 | Japanese Retro
<< オモサン・ハラジュクキティーと... 満開の桜と月光荘 >>