骨董市で購入したもの
e0049603_1415245.jpg次に見つけたのが、はんこ。
木でできていて、開校○周年記念とか、お中元とか、内祝いとかいろいろな種類のものがありました。
ガサゴソと箱の中をかき混ぜていたら見つけたのが、「おみやげ」と「寿」。
祝があったら誕生日に使えるのにな~と探していたのですが、見つからず・・・
おみやげの方が出番は多そうです。

おじさん曰く、和菓子屋さんで使われていたものだそうで、今では滅多に使われない桜の木一枚板でできているとのこと。「今はなかなか良い木を見かけないから、何層かに張り合わせたものが多いんだよ」と教えてくれました。手彫りのスタンプです。いいお話を聞きました。こういうお話があるからこそ、骨董収集はやめられないんですね。こういうお話のために、骨董市に行くといっても過言ではないです。オンラインショッピングにはない「繋がり」があります。

アメリカに戻って早速和紙を買いに行きました。中々な押し具合です。
[PR]
by retrojunkie | 2009-04-22 17:53 | Japanese Retro
<< 大宮鉄道博物館に行く。 山口の土鈴 >>