大江戸骨董市に行く
この日だけは絶対に譲れないと随分前から家族中に連絡していた、大江戸骨董市。
日曜の朝に会場近くの駅から地上に出ると、人影がまったくないんです。
ちょっと不安になり、もし日にちを間違えていたら家族に何と説明しようか、バックアッププランを考えていたら・・・ああありました。
e0049603_7105021.jpg全然お店が写ってないし。まあ、人の雰囲気で想像してください(なんていい加減な)。
小さめの引き出しが沢山ついたチェストとか、値段も状態も私好みのものがいくつかあったのですが、どうやってアメリカまで持って行ったらいいか分からず、今回は断念しました。

e0049603_719697.jpgで、購入したのは、救急箱。
農協のマークが入っています。
両親が呆れていました。思ったとおりのリアクションで快感です。
何に使うかというと、説明するまでもなく、救急箱です。
今まで我が家には救急箱というのがなく、いろいろな場所に散らばって保管されていたのですが、やっとここに収納できます。嗚呼嬉しい。妥協せずに待ってて良かった。

アメリカンコレクタブルを売っているお店もあったのですが、ここではスルー。やっぱり日本の古いものに興味あります。

戦利品紹介つづく。
[PR]
by retrojunkie | 2009-04-18 08:07 | Japanese Retro
<< 山口の土鈴 上野に桜を見に行く >>